1. HOME
  2. J-BREATHの活動
  3. 調査・研究
 

調査・研究

調査・研究

在宅酸素事業者のサ―ビスの質(平成21年)

在宅酸素事業者のサ―ビスの質(平成21年)

WAM(福祉医療機構)助成事業
事業者によるサービスは、診療の一環として、同じ自己負担に対して同じレベル・内容であるべきであり、医療機関が指定した事業者の違いによって患者が不利益を被ることはないはずのものである。従って、同一医療機関内で、事業者によって対応に差があること自体が問題である。さらに、同じ事業者であっても、地域、すなわち支店・営業所、その担当者によって、各種情報の提供も含め、同一の対応がなされていない側面も見て取れる。同一事業者ならば同一の対応が出来て然るべきであり、そのうえで個々の担当者のレベルでも、一定程度以上の質の確保・同質性の確保が求められる。

慢性呼吸器疾患の患者に関するアンケート調査(平成27年)

慢性呼吸器疾患の患者に関するアンケート調査(平成27年)

WAM(福祉医療機構)助成事業
患者視点による在宅酸素の手引書作成事業
在宅酸素療法(HOT)が、保険適用となってから30年が経過し、現在では全国で約16万人の患者が実施しています。慢性呼吸器疾患に罹患している患者にアンケート調査を行い、医療機関から療養指導を受け、居宅でどのように過ごしているか、またどのような課題を抱えているかなどに着いて明らかにするとともに、患者から医療者へ期待していること、患者の視点から見た事業者ないしその担当者の提供サービスの質や資質についての情報を集め、サービスの被提供者である患者側から在宅医療の実態を把握しました

呼吸器障害者のためのハンドブック・新訂版(平成27年)

呼吸器障害者のためのハンドブック・新訂版(平成27年)

WAM(福祉医療機構)助成事業
患者視点による在宅酸素の手引書作成事業
「 呼吸器障害者のためのハンドブック」(2004年作成)を元に、今回の「アンケート調査報告書」で明らかになった慢性呼吸器疾患をかかえる患者さん方の意見・要望に基づき、患者が日常の療養生活を安心して過ごせるよう、新たな知見や新たな仕組み、制度の解説なども織り込んで作成した「新訂版」です。慢性呼吸器疾患を持つ方々が、判断に窮し、悩みがあるときなどに、この「ハンドブック」を手にとって見てもらい、療養生活に役立てていただくことを期待しています。

相談(お問い合わせ)

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

03-5981-1181

受付 / 平日10:00~17:00