1. HOME
  2. J-BREATHの活動
  3. 社会的活動
 

J-BREATHの活動

社会的活動

会員の約5割がCOPDの患者であり、喫煙環境を少しでもなくすための努力が更に必要と感じています。

J-BREATHでは、一般への呼吸器疾患による障害及び患者の実態を深く理解してもらうための活動を続けています。

機関紙「J-BREATH」

会員の情報源となる機関紙「J-BREATH よりよい呼吸のために」は、年6回発行(B4版16ページ)。会員以外にも、行政に配布するほか医療機関および医療関連企業など購読者も多数。5,000部発行しています。

会員のための活動

会員のために、医療講演会、勉強会、懇談会、悩み相談などを実施しています。また、患者会の立ち上げ・普及に全国各地域で活動困難な呼吸器疾患患者のために支援が行われるよう、出掛けてゆき働きかけを行います。

患者会としての活動

『日本呼吸器疾患患者団体連合会』での活動

『日本呼吸器疾患患者団体連合会』での活動

2003年11月14日、日本における第2回世界COPDデーのメディアフォーラムが順天堂大学で開催されました。同日の午前、同フォーラムに先んじて、同じ会場で日本呼吸器学会の呼び掛けにより『第1回患者円卓会議』が開催されました。この会議において『日本呼吸器疾患患者団体連合会』発足の合意があり、日本の呼吸器障害者団体の連合への歩みが始まりました。(以下連合会と略す)そして、J-BREATHは、それまでの独自の活動とともに、『連合会』での活動を開始しました。『連合会』の中心的な役割を担う、患者による自主的な全国の呼吸器疾患患者団体と連携した活動が始まりました。 2005年と2010年には、日本呼吸器学会の主導により全国的なアンケート調査を実施。「在宅呼吸ケア白書」として取り纏められ、陳情を行う上でのエビデンスとなっています。

厚生労働省に陳情

認定看護師教育課程(呼吸器疾患)との関わり

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた者をいい、水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導・相談活動を行う者をいいます。平成23年度に日本で初めて日赤看護大学と福井医科大学の2箇所で開講されましたが、現在は福井医科大学が福井大学と名称変更され福井大学のみで継続して開講されています。
★J-BREATHでは患者家族の立場から患者の実態を知ってもらう、初年度より1コマの授業を受け持っています。

日本産業・医療ガス協会との関わり

日本医療ガス協会は1970年に設立され、その後日本産業ガス協会と合併し、現在では、一般社団法人 日本産業・医療ガス協会となっています。医療ガス部門の中に、在宅酸素療法における種々の課題につき協議・検討している在宅酸素部会が設けられており、この部会の特別部会員の多くがJ-BREATH賛助会員であり、それらの会社と定期的に交流し、情報交換を行っています。
また、毎年10月に開催される「在宅酸素療法用酸素供給装置の保守点点検従事者研修講習会」では、参加している在宅酸素療法受託責任者の皆さんに、『HOT患者から望むこと』について講演するとともに、J-BREATH作成のDVD「星になったおじいちゃん」を上映し、日頃の患者対応に役立ててもらっています。

(お問い合わせ)

お問い合わせは、以下会員外のお問い合わせフォームまたはお電話からお寄せください。

03-5981-1181  お問合せフォーム   会員になると

電話受付 / 平日10:00~17:00 (学術集会その他で出張の際は留守電になります)