1. HOME
  2. 会員になると
 

会員になると

J-BREATHの患者会に入会しませんか

NPO J-BREATH(ジェイ-ブレス)  (特定非営利活動法人 日本呼吸器障害者情報センター)
(J-BREATHは、慢性呼吸器疾患の病に苦しむ当事者が2000年にNPO法人として立ち上げた患者会です。)

人が生命を維持するためには、各臓器に行き渡る酸素が必要です。
しかし、肺の疾患により呼吸が浅く、酸素が取り込めず、
心臓に負担を与え苦しいだけではなく、歩くことも困難なくらい動作が辛くなってしまいます。

そこで、不足した酸素を補う酸素療法が必要になります。楽になる一方で、また患者にとって別の肉体的・精神的負担となります。
壊れた肺は元に戻らず完治する療法がありません。つい悲観的になり鬱になる人も多く、家に閉じこもりがちです。
そんな生活を続けていると症状はますます悪化し、入退院を繰り返すことにもなり寝たきり状態を早める結果になりかねません。
そして、経済的負担も増えてしまいます。外出するよう心掛けたり、社会参加することで、
周りの理解も得られ気持ちも前向きになってゆきます。
早い段階から呼吸リハビリテーションを実践することで、生活の質を高められ、呼吸や動作が楽になります。

J-BREATHでは長年の経験を生かし、会員の皆様の声を聴き、少しでも手助けが出来るように、
よりよい呼吸のための情報提供をしてまいります。

 

 

患者会

会員専用サイト

サンプル

会員になると閲覧できるサイトへのリンクはこちらです。

機関紙の発行

情報紙『J-BREATH ~よりよい呼吸のために』を年間6回発行し、患者インタビュー記事の他、患者・家族に役立つ情報を提供しています。


医療講演会の開催

東京都内及び近県の方々を中心にJ-BREATH講演会を年1回開催し、講演内容についてJ-BREATH紙面で紹介しています。会員専用サイトから動画視聴もできます。


啓発活動

COPD啓発ウォーキングイベント「LUNG WALK」を2008年より疾患啓発の目的で毎年開催しています。
緑いっぱいのコースをウォーキングすることにより、肺の健康や呼吸の大切さを学びます。また、「肺年齢測定」により肺の健康の理解を深め、環境汚染や「たばこの害」の知識も啓発しています。


相談

患者やご家族から、在宅療養生活での悩み相談や質問を電話で受けています。(医療行為は行えないので医療相談は行っていません。)
電話:平日・午前10時~午後5時(担当者不在の場合はFAXまたは留守電にお願いします。後日連絡致します。)
手紙やホームページからのメール相談も受けています。


患者会としての役割

多くの患者の声を集め、患者の療養環境改善のため、「国への陳情」を行っています。陳情は日本呼吸器学会の代表者と全国6つの呼吸器疾患患者団体からなる「日本呼吸器疾患患者団体連合会」として、連携協働して行われますが、J-BREATHはその中心的役割を担っています。

申込書送付先

NPO法人 日本呼吸器障害者情報センター 宛
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-1 B-1211

電話:03-5981-1181 FAX:03-5981-0294
メール:info@j-breath.jp
(ホームページ)http://www.j-breath.jp/NPOジェイブレスで検索

(お問い合わせ)

お問い合わせは、以下メールまたはお電話からお寄せください。

03-5981-1181         info@j-breath.jp

          受付 / 平日10:00~17:00