お知らせ一覧

TOP > 機関紙J-BREATH > J-BREATH第107号 2020年4月4日発行 (主な内容)

J-BREATH第107号 2020年4月4日発行 (主な内容)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
J-BREATH第107号 2020年4月4日発行 (主な内容)
●呼吸の質が生命力の根幹を握っている
 「鍵盤ハーモニカ」で呼吸練習(独自の「音楽呼吸法」を開発した宮浦清さん)

●新型コロナウイルス禍
 ▼日本呼吸器学会学術講演会は9月に延期
  開催地お名古屋から神戸に変更
 ▼タバコとの関連に注目集まる
  新型肺炎の重症化リスクを増大
●患者さんインタビュー 呼吸不全の会(ホットの会=福岡)会長・藤波武昭さん
 「毎日笑顔で玄関を出よう」を合言葉に会員どうしの情報交換やバスハイクを開催しています
 (㈱エイチアンドアイ発行『健康365』2019年8月号から転載)
●呼吸器専門委×管理栄養士 対談
 COPD患者さんのための
 元気で長生きを実現する秘訣
  桂秀樹(東京女子医科大学八千代医療センター呼吸器内科教授)
  田中弥生(関東学院大学栄養学部教授)
 ※株式会社フィリップス・ジャパン・企画提供
●連載講座「間質性肺疾患患者さんのための呼吸リハビリ」
 第2回 間質性肺疾患患者さんのための運動療法【カラー】
  神津玲(長崎大学大学院/長崎大学病院リハビリテーション部)
  北川知佳(長崎呼吸器リハビリクリニックリハビリテーション科)
●連載 木田厚瑞「慢性疾患の時代―知る、考える、診る―」
 第7回「ミクロとマクロ:戦いの歴史」
●栄養コラム 第13回「ころころ野菜の栄養たっぷりスープ」
 免疫や抵抗力を高める食材を使ってウイルスに負けないからだをつくる(栄養士・平岡りか)
●編集後記・事務局動静
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加