お知らせ一覧

TOP > 機関紙J-BREATHお知らせ > J-Breath第106号 2020年2月2日発行 主な内容

J-Breath第106号 2020年2月2日発行 主な内容

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
J-Breath第106号 2020年2月2日発行 主な内容
●新春座談会2020年
 慢性呼吸器疾患の終末期と緩和ケア
 --重要なテーマと位置づけ、今後情報発信を/J-Breath――
・慢性呼吸器疾患の終末期と緩和ケアの日本の現状
・COPD患者の痛みと緩和ケア
・間質性肺炎患者の傷みと緩和ケア
・在宅医療における慢性呼吸器疾患患者の終末期と緩和ケア
・地域包括ケアシステムからの人生の最終段階と緩和ケア対応(行政の立場から)
・最後に

●新・連載講座「間質性肺疾患患者さんのための呼吸リハビリ」

 第1回 間質性肺疾患患者さんの病気の特徴と呼吸リハビリの考え方について
  神津玲(長崎大学大学院/長崎大学病院リハビリテーション部)
  北川知佳(長崎呼吸器リハビリクリニックリハビリテーション科)

●連載 木田厚瑞「慢性疾患の時代―知る、考える、診る―」

 第6回「患者さんの死から学ぶ」

●編集後記・事務局動静
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加