ホーム > メディア > 自己管理の指導を「常に受けている」は4割にとどまる
医療ノウハウ
2017/01/04

自己管理の指導を「常に受けている」は4割にとどまる

メディア

殆どがプライマリーで診断されており、専門的な指導を受けていないのが現状です。
大学病院でも専門医は忙しく、ほとんどの医師が患者の在宅での生活を見ていません。

呼吸リハビリテーションの普及も遅れており、狭い都会の条件では施設基準の広さを満たせないなど多くの課題も多いのです。

そこで情報センターでは呼吸リハビリテーション動画を配信して患者さんに分かりやすい親しみやすい呼吸リハビリテーション指導を配信することになりました。
今後も引き続き取り組む予定でいます。